健康全般

健康ニュースヘッドライン1 2020/02/02

【2020年2月牡牛座の運勢】無料占い!全体運ほか(ハルメクWEB) – Yahoo!ニュース

2020年(令和2年)2月・今月の牡牛座(おうし座)の無料運勢占いをお届けします。全体運&総合運・健康&美容運・仕事&金運・恋愛&愛情運をチェックしてみましょう!張り詰めたムードが伝わってきます。も
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200202-00000004-halmek-life
2020/02/02 21:00

健康ニュースヘッドライン1 2020/04/03おうち時間の“ついつい間食”におすすめ!美と健康に良いヘルシーおやつ「BE-KIND®」って? | モアハピ部ブログ | DAILY M...

「お麩」の魅力ご存知でしたか?良質のたんぱく質と食感を楽しむ食材(tenki.jpサプリ 2020年02月02日) – 日本気象協会 tenki.jp


本日2月2日はお麩の日。お麩は、中国から仏教の伝来とともに精進料理の素材として伝わったといわれています。小麦粉に水を加え良く練ったものを、水の中で洗うと、澱粉がながれ、小麦たんぱく(グルテン)が残ります。さらに水で洗ったのが湿麩(しっふ)。これに強力粉や米粉を加えたのが「生麩」、生麩を焼いたものが乾物として扱われている「焼き麩」です。主成分は良質なたんぱく質で消化によく、肉を食べず大豆たんぱく中心の僧侶達にとって、お麩は貴重なたんぱく質源でした。寺から門外不出であった麩が全国に広まっていくこととなるのは江戸時代。今回はそんなお麩の魅力にせまります。
https://tenki.jp/suppl/yamamoto_komo/2020/02/02/29670.html
2020/02/02 20:35

アラブの美容食「デーツ」の驚くべき効果効能 | ガジェット通信 GetNews

アラブの美容食「デーツ」の驚くべき効果効能
https://getnews.jp/archives/2384776
2020/02/02 17:00

健康ニュースヘッドライン 2020/07/13むくみを改善&痩せ体質に導く!ダイエットのプロが実践する入浴法[マーティー流ダイエット特集㉙] (2020年07月13日) |BIGLO...

心と体の健康のための「ウェルネス・ツーリズム」女性を中心に人気を獲得(AMP[アンプ]) – Yahoo!ニュース

旅に出ると、日常生活から物理的にも心理的にも距離を置いて、リフレッシュすることができる。旅の目的は、現地の食べ物、観光地巡り、友人を訪問するなど様々であるが、近年「ウェルネス」を目的とした旅に出る人
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200202-00010001-ampreview-bus_all
2020/02/02 16:00

2020年バレンタインの予算平均は?“健康美容系チョコ”にうっとり | 女子SPA!


2月14日(金)は言わずと知れたバレンタインデー。あげる相手がいてもいなくても、チョコ食べた~い!と気分が上がっちゃいますね。チョコ予算は総額4923円、夫・恋人・自分には2000円台(株)明治が1…
https://joshi-spa.jp/983508
2020/02/02 15:46

健康ニュースヘッドライン1 2019/12/07寒い季節にも!麦茶の驚くべき効果効能 | ニコニコニュース  本日のテーマは「麦茶」です! クランベリーの旬なぜ今麦茶?夏の飲み物で...

鍋料理がもっと美味しく!美容に嬉しい旬食材&絶品調味料 – 最新グルメニュース一覧 – 楽天WOMAN


鍋料理がもっと美味しく!美容に嬉しい旬食材&絶品調味料,まだまだ「鍋料理」が美味しい季節ですよね。一度にたくさんの食材を楽しむことができ、調理も簡単です。洗い物が少なくてすむことも嬉しいポイントですよね。そんな鍋料理にいつもとは少し違う調味料や食材を加えることで、新しい味わいになります。今、注目の「発酵調味料」や、とり寄せてでも試したい「絶品調味料」と、冬美容に嬉しいおすすめの「旬食材」をインナービューティー料理研究家の筆者がご紹介します。忙しい日でも…
https://woman.infoseek.co.jp/news/gourmet/lar_204155/
2020/02/02 12:00

捨てる前に知りたかった!栄養豊富なアボカドの種、とっておきの活用方法 | ガジェット通信 GetNews

捨てる前に知りたかった!栄養豊富なアボカドの種、とっておきの活用方法
https://getnews.jp/archives/2384502
2020/02/02 11:00

「まずい」から「うまい」へ ケール新時代、今や料理の主役(産経新聞) – Yahoo!ニュース

「まず~い、もう一杯!」も今は昔。青汁の原料野菜「ケール」のイメージが、先入観のない若い世代を中心にカッコよく一新している。青年たちが手掛ける自社農場産のケールを“主役”にしたレストランが店舗を拡大
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200202-00000500-san-life
2020/02/02 07:40

急激な運動量増加は危険!?「シンスプリント」とは | ガジェット通信 GetNews

急激な運動量増加は危険!?「シンスプリント」とは
https://getnews.jp/archives/2384265
2020/02/02 06:00